コンプライアンス意識向上への取り組み

私たち(株)アースみらい総研「以下(当社)」は、社会的責任の重要性を認識し、以下5つを「アースみらい総研ハンドブック」として社内Webで共有し、社員のコンプライアンス意識向上のための取り組みを実施しています。

1.法令遵守
2.社会動向の把握
3.知識と技術の修練
4.改善とイノベーション
5.責任ある行動

◎コンプライアンス研修
顧問弁護士をはじめ、各専門家による社内研修、e-ラーニング学習を通じて、コンプライアンス研修を実施し、その重要性等を再認識するための教育を行って参ります。

◎エスカレーション体制
コンプライアンス推進委員会(委員長:代表取締役 岡野恭士(安暢))を四半期毎に開催し、迅速にリスク事案を委員長に報告する体制を構築して参ります。同委員会では、発生した事案の対処方針を決定し、関係者へ適切な指示を行い、早期解決を図って参ります。

◎各部署の主体的な取り組み
当事務所の各部署が、主体的に取り組む事を促進するために、実施にあたっては積極的に経営資源を投資して参ります。また、実施内容を全部署で共有することで、良い取り組み事例を横展開して共有して参ります。

◎外部の方々との連携
当社は、こうしたコンプライアンスに関する課題検討について、今後、社内だけに留まらず、コンプライアンス意識の高い企業の皆様とも情報共有できる場を作り、取り組んで参ります。

2021年6月1日
株式会社アースみらい総研
代表取締役 岡野 恭士
(登記:安暢)