1. HOME
  2. お知らせ
  3. ESG経営について

NEWS

お知らせ

ESG経営について

ESG経営とは
環境問題や労働問題など社会課題が顕在化している中、企業が長期的な成長をしていくために「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」の要素を考慮した経営のことをESG経営と言います。

ESGとSDGsの違い
ESGは2006年に国連が「PRI(責任投資原則」を提唱したことをきっかけに、新たな「投資判断=企業の長期的な存続を評価するための指標」として注目され始めました。一方、SDGsは、2015年の国連総会で採択され、持続可能な世界を実現するために、2030年までに世界共通の目標やターゲットを定めた国際目標です。投資家の間では、「SDGsやESGの意識が薄い企業はリスクを抱えており、長期的な成長はできない」という認識が広がってきています。

ESG経営のメリット
企業がなぜESG経営に取り組むのか。単に投資家から評価が高い注からと取り組むのではなく、戦略的な取り組みによってその効果について期待したいところです。以下にESG経営のメリットをまとめます。
・意識改革のきっかけとなる
長期ビジョンの策定、シナリオ分析などを通じて「現在の延長線上に想定される未来」が必ず訪れるという思い込みを取り払うことができます。
・みらい志向型の土壌づくり
これまで社内になかった新しい考え方・手法を取り入れる契機となりイノベーションを促進することが出来ます。高い目標を立てることができます。
・サステナビリティ強化
社員が社会課題の解決を自分の仕事と結び付けることによって、これまで存在しなかった新しいビジネスチャンスを獲得することが可能になる
・ステークホルダーとの関係性強化
機能的価値を提供する企業から、社会的価値を提供する企業へと変化することで、その存在意義を社内外で認められるようになります。

ESG経営のポイント・注意点
ESG経営のポイントとして、「バックキャスティング」や「シナリオ分析」の考えや手法が重要だとされています。以下にまとめます。

・バックキャスティング
「未来」を起点として、そこから逆算して「今」何をすべきかを考える手法。これと対をなすのが、「フォアキャスティング(forecasting)」思考であり、「現在」の状態から、「未来」に向けて何をすべきかを考える手法となる。
・シナリオ分析
外部環境要因の変化は未来予測が難しいため、複数の条件で予測を立てておき、ある程度幅を持たせて事業計画を立てるという考え・手法のこと。外部環境要因がどのように変化しても着実に「望ましい未来」に向かっていけるように備えておこうという意味を持ちます。

また、ESG経営を取り入れる際の注意点として、

  1. 意識改革が必要
    これまで企業価値を評価する基準が、製品やサービス中心の機能的価値から社会的価値へと変化しています。ESGやSDGsを軸にし、事業を通じて社会に提供する価値を、機能的価値から社会的価値へと視座を上げていかなければ、未来の顧客の支持は得られません。そのための意識改革が必要です。
  2. あくまで目的ではなく手段
    ESG経営に取り組むことで、外部環境に適応するスピードを上げ、生産性を向上することができます。競争優位を築いていく上で、企業理念→経営ビジョン→事業計画というトップダウンでの取り組みが必要です。

最新記事